• このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂の団地リフォームのポイント

団地は、築年数を経過している建物も少なくありません。経年劣化が起こりやすい場所の一つにお風呂が挙げられます。お風呂は日々の生活で使用する場所ですからリフォームをすることで快適に使用できるようになり、豊かな住生活に繋がります。
浴室や壁をリフォーム施工する際には、一般的にパネル工法を採用しています。団地既存の浴室の壁や天井上を使って、新たなパネルを張り付ける方法です。床はシート工法を用いて、シートのつなぎ目や壁にある隙間を埋めていく方法です。水の浸入を防ぐことで、防カビの効果をもたらします。
古い団地の場合、バランス釜タイプの浴槽を使用している建物が多いです。給排気筒の開口部を使って、壁貫通型の給湯器を設置することで、追い炊き機能を加えることができます。浴槽を広げることも可能で、それに伴いリラックス効果を高めることに繋がります。

団地でお風呂のリフォームをする際の注意点

団地のお風呂は水回りの設備の一つで、劣化やカビの発生している箇所が施工をしていく中で見つかることもあります。たとえ施工前の点検でわからないことも見つかると、修繕が必要となれば費用が掛かります。予め業者に、可能な範囲予想される追加費用の確認をすると良いです。
お風呂の水回りは壁や床にタイルを張っていることによって、防水加工が施されている状態です。同時に水漏れや防カビ対策にもなり、快適な空間をもたらしていますが、経年劣化に伴い効果も低下しますから、リフォーム施工の際に再度防水工事が必要になります。
管理組合がある場合は、無断でリフォームをするとトラブルに繋がりかねません。事前に決まりを確認したうえで報告することが必要です。

信頼出来る業者選びのポイント

お風呂のリフォームには、相応に費用が掛かります。団地での生活が長期になる場合、末永い付き合いを心がけておくとたとえトラブルが起きても依頼しやすくなります。
アフター保障をつけてもらえると、費用を抑えて修繕することが可能です。団地のリフォームの施工実績があっても、得意分野とそうでない分野があります。取り扱っている機器も、長年の付き合いで安く仕入れてもらえる場合もあります。
インターネットだけでなく、同じ団地に住んでいる方からの情報収集も有効な判断材料になります。直接関わっているため、技術や接客面の良し悪しを確認できます。そのうえで、複数の業者から見積もりをとり自分に合った施工をしてもらえるところを選ぶと良いです。

ピックアップ記事

お風呂の団地リフォームのポイント

団地は、築年数を経過している建物も少なくありません。経年劣化が起こりやすい場所の一つにお風呂が挙げられます。お風呂は日々の生活で使用する場所ですからリフォームをすることで快適に使用できるようになり、豊...

団地のキッチンリフォームする前に必要なこと

生活をするにあたり、キッチンの使用は欠かせません。身体の負担が掛かりにくいようにリフォームすることで、長期間快適な使用へと繋がります。その前に、団地の管理規約の確認が必要です。構造上リフォームが可能で...

団地リフォームの業者選び

団地を自分のライフスタイルに合わせてリフォームをする際に、業者選びは一つのポイントになります。業者間によって、同じ作業や材料選びをしていても費用面で差が出てしまうことも少なくありません。複数の業者から...

コミュニティ活用で負担を軽減できる団地リフォーム

団地で生活する方は、単身世帯はもちろん家族一緒に生活をする場合もあります。特に、家族が2世帯以上が入居となれば敷金の減額を受けられることもあります。割引が受けられると費用軽減を図れます。初期費用を抑え...