• このエントリーをはてなブックマークに追加

団地のキッチンリフォームする前に必要なこと

生活をするにあたり、キッチンの使用は欠かせません。身体の負担が掛かりにくいようにリフォームすることで、長期間快適な使用へと繋がります。
その前に、団地の管理規約の確認が必要です。構造上リフォームが可能であっても、規約に反する場合がありますから注意してください。共用部分と専用部分が団地にはあります。キッチンの移動や天井工事がどの程度可能であるかということを確認しましょう。
キッチンの移動をする際、排水管の位置変更が伴います。団地の共有スペースとなるパイプスペースがあり、そこまでが移動可能な範囲です。床下に空間があれば、排水管や電線もそこに配置されているため移動できる場合もあります。なければ排水管の位置を変えられないため、施工ができません。

キッチンのプチリノベーション

団地のキッチンをリフォームするにあたり、プチリノベーションも方法の一つです。規約や排水管設備などの関係で大がかりなリフォームが難しい場合でも、DIYのレベルの小さな施工をすることで快適な使用へと繋げることができます。
たとえば、高い耐水性デコレーションシールを貼ることで防カビ対策にもなります。見た目が美しいデザインだと、キッチンの使用を楽しみやすくなります。
ナチュラルやモダンな素材を使用することで、コーディネートを楽しむこともできます。レトロなデザインを使用することで、おしゃれな雰囲気をもたらすこともできます。経験豊富な専門業者に相談することによって、用途に合わせた施工をしてもらうことが可能です。

団地のキッチンリフォームと間取り

団地には、昔ながらの良くある間取りがあります。長方形型の場合、水回りや玄関など全体的に狭い印象になることもあります。また、キッチンが独立型の場合、圧迫感のある空間になりがちです。正方形型の場合は、入ってすぐにキッチンやリビングが配置されていることが多いです。
近年では核家族化や単身老人世帯が増えつつあり、部屋数を減らして各部屋を有効活用をする傾向にあります。独立型のキッチンの場合は、壁を壊してLDKに取り込むことで広々と使用することに繋げています。壁付きタイプを対面型にすることで、家族がいる世帯ではコミュニケーションを図りやすくなります。リフォームをする際には、用具の収納スペースの確保も必要です。壁部分を壊して収納スペースを確保することで、有効活用をもたらすこともできます。その際に見栄えの良さを考慮することで、デザイン性も高められます。

ピックアップ記事

お風呂の団地リフォームのポイント

団地は、築年数を経過している建物も少なくありません。経年劣化が起こりやすい場所の一つにお風呂が挙げられます。お風呂は日々の生活で使用する場所ですからリフォームをすることで快適に使用できるようになり、豊...

団地のキッチンリフォームする前に必要なこと

生活をするにあたり、キッチンの使用は欠かせません。身体の負担が掛かりにくいようにリフォームすることで、長期間快適な使用へと繋がります。その前に、団地の管理規約の確認が必要です。構造上リフォームが可能で...

団地リフォームの業者選び

団地を自分のライフスタイルに合わせてリフォームをする際に、業者選びは一つのポイントになります。業者間によって、同じ作業や材料選びをしていても費用面で差が出てしまうことも少なくありません。複数の業者から...

コミュニティ活用で負担を軽減できる団地リフォーム

団地で生活する方は、単身世帯はもちろん家族一緒に生活をする場合もあります。特に、家族が2世帯以上が入居となれば敷金の減額を受けられることもあります。割引が受けられると費用軽減を図れます。初期費用を抑え...