• このエントリーをはてなブックマークに追加

団地リフォームをするメリット

団地の多くは、地方から都市部への人口流入が多くあった1970年代に建てられたものです。そのため築年数も相応に経過していて、耐震性や性能も低下している建物も多いです。その分、都市部にある相応なつくりをした新築や中古マンションと比較しても、価格が安く抑えられがちです。
リフォームをする際、内装施工も一つのポイントです。古い内装を解体してから、コンクリートむき出しの状態にしたうえで間取りから作り直すスケルトンを採用している業者が多いです。新築同然に仕上げてもらえると、費用を抑えられるうえ、マンションに引けをとらない住まい空間を得られやすいです。セルフリノベーションも可能なタイプの場合は、DIYの知識があれば自分好みのデザインつくりが可能です。

団地生活をする際のポイント

団地は他の住居と比較しても費用が安く抑えられています。リフォームをして自分好みの空間を得ることも可能で、コスパの高い住空間をもたらしやすいです。
一方、月々の家賃が抑えられているには理由があります。地価が安いところに建てられているため、都市部から離れた場所も少なくないです。たとえリフォームをして費用を抑えていても、通勤や通学に費用と時間が掛かれば生活に影響を及ぼします。長期にわたり生活する場合は、その点を踏まえて団地生活を考えることが必要です。
家賃費用も、数年単位で改定が行われています。特定や高齢者向けの優良賃貸住宅だと毎年更新審査を受けて家賃費用を決める仕組みです。フラットタイプだと所得が変わらなければ、家賃も上がりません。単身や家族連れそれぞれに、長期的な視点にて団地選びをすると良いです。

団地リフォームをする際に建物確認は必要

団地は、建物の築年数が経過している場合も少なくありません。特に、1981年以前に建てられたものだと新耐震基準の適応がありません。リフォームをしても、災害時に被害が出てしまうこともありますから、気になる場合は不動産仲介業者に相談したり、ホームページから確認すると良いです。
耐震対策を兼ねて、コンクリートでできた壁により建物を支えている壁式構造を取り入れている場合もあります。その際、間取り変更が必要となっても壁の撤去が難しいこともあります。リフォームをする前に、構造上の制限の有無を確認すると長期間団地生活を送るにあたって、さまざまな判断がしやすくなります。ペットを飼っていて用途に合わせたリフォームが必要な場合は、トラブル回避のために管理人や住人間での協議が必要です。

ピックアップ記事

お風呂の団地リフォームのポイント

団地は、築年数を経過している建物も少なくありません。経年劣化が起こりやすい場所の一つにお風呂が挙げられます。お風呂は日々の生活で使用する場所ですからリフォームをすることで快適に使用できるようになり、豊...

団地のキッチンリフォームする前に必要なこと

生活をするにあたり、キッチンの使用は欠かせません。身体の負担が掛かりにくいようにリフォームすることで、長期間快適な使用へと繋がります。その前に、団地の管理規約の確認が必要です。構造上リフォームが可能で...

団地リフォームの業者選び

団地を自分のライフスタイルに合わせてリフォームをする際に、業者選びは一つのポイントになります。業者間によって、同じ作業や材料選びをしていても費用面で差が出てしまうことも少なくありません。複数の業者から...

コミュニティ活用で負担を軽減できる団地リフォーム

団地で生活する方は、単身世帯はもちろん家族一緒に生活をする場合もあります。特に、家族が2世帯以上が入居となれば敷金の減額を受けられることもあります。割引が受けられると費用軽減を図れます。初期費用を抑え...