静岡で仏壇を購入する際に気を付けたい事

美しい木目・重厚で落ち着いた風合いが特徴的な唐木仏壇、静岡県も産地で多く作られています。江戸時代からの100年以上の歴史を持つこちらは、さまざまな材料・工法で作られており、それぞれに値段や価値が大きく違ってきます。黒檀や紫檀といった輸入銘木で作られたものを指しますが、最近ではケヤキや桑といった国産銘木の他、木目印刷やシートを貼ったもの・白木に塗装したものまで含まれ、かなり幅広い種類があるのです。他にも、徳島県も有名ですが、最近では東京や大阪でも作られていますし、中国やインドネシアといった海外製の商品もあります。静岡県ならではの唐木仏壇の歴史と、その特徴について見て行きましょう。購入を考えた場合、どのような点に気をつけなければならないでしょうか。

この地域に広まった歴史背景と特徴

もともと静岡は鏡台・塗り下駄・家具などで全国的にも有名でした。仏壇の製造は1940年代に針箱の木地屋を営んでいた中井沢武一氏が手がけたことに始まります。昭和20年代後半から30年代にかけて創価学会が急激に発展してきており、時代的に需要が高まる中で一大躍進を遂げ、国内有数の産地となったのです。唐木仏壇が中心ですが、さまざまな産地の特徴を持ったさまざまなものが作られています。ダルマなども得意としているものの、近年では商品の多様性をはかり、さまざまな商品が作られるようになりました。もともとは普及品が中心でしたが、高級なものも作られるようになっています。その昔、唐の時代に日本にはない木材を唐から輸入してそれを材料として作ったことから「唐木」と呼ばれているのです。

この地域で購入する際の注意点について

元々は大衆向けの中級品が主流でしたが、高級品も製造されているため予算や見た目をよく見てから選ぶようにしましょう。宗教的な違いというのはありません。唐から輸入の木を使ったものというのが狭義の意味ですが、最近ではさまざまな国から多種多様の木材を輸入し使用しており、「天然木材を使って作られるものの総称」という意味合いが強くなっています。同じような見た目でも素材や材料・工法により驚くほどの価格差があります。静岡県だからといってお手軽値段のものばかりではない時代なのです。表面材だけでなく、心材となる木材・表面の仕上げ方などきちんと品質表示されたものを選ぶ用にしましょう。幅広い種類を指すようになったからこそ、選ぶ際に信頼できるお店で購入することが必要です。

やまきがお届けしたいものは、本物の心遣い、過去への敬意、未来をひらく希望です。 やまきの森の墓石館は豊富な品揃えでお客様をお迎えいたしております。 お仏壇のリフォームは、金沢産の金箔で張り直すものもあります。 関東型のお仏壇は、下地をつくりをすることで、厚く塗り直しより強度も高めました。 やまきでは、世界にひとつだけのオンリーワン墓石もご提供しております。 静岡でこだわりもった仏壇を